子供のこころをキズつけたパティスリーをゆるさん。


こんばんは。
今日もおやすみー。
遅い夏休み二日目、家族サービスで京都へ。
草津イオンでムスコくんが食べたい串揚げをして

僕はまたたい焼きを揚げまくり、

そして京都バル
で店の紅茶を仕入れて


勉強を兼ねて烏丸のケーキやへ、、、
えー、、こっから先は胸糞悪い怒りだらけのブログです。
読みたくない方はここまでー。。
え、、とまぁその行きたかったケーキ屋さんは烏丸にあって駅から少しあるくんです。
昔、現在の場所に移転される前に一回お邪魔させていただいてケーキが美味しかったから嫁さんとムスコくんを連れてってあげようと思いまして。
まぁ少し歩くけどケーキ、ケーキってご機嫌でムスコくんもぐずらずいったわけですよ。
でそのパティスリーに着く前50メートルくらいんとこでムスコくん、トイレーって。
親からしたらやっぱりあせりますよね。
んですぐそこやし急いで行ってトイレお借りしようとおもったのです。
でついてカフェを利用しようとしたら
お子様はお断りしています。
ってゆー。
そのオンナパティシエ。
まぁ店の雰囲気もあるししゃーないかもな。→けどこの時点で眉間にシワが寄る。
んでしゃーないからなんせなれん土地やしトイレもあるとこわからんし
オンナパティシエに子供にトイレ借りてよろしいですか?ってきいた。
もうその時点で
子供もれそうーってゆーてる。
でなんと
そのパティシエ
トイレお借りしてもいーですか?
ってきいたら
いまだかつてきいたことない、、、
お子様でしたらお断りします。
は?
は?→もう完全にブチ切れ!
子供が粗相したらオレが掃除するわ!
それぐらいの常識あるわ!
ふざけんな!
なんてぐっと抑え
とりあえず嫁さんとムスコはトイレを探しに。なんとかコンビニを見つけて
用を済ませてそのパティスリーまで戻ってきてケーキをみてたら
ムスコが店内に入るのもイヤらしくニコリとも挨拶も、まぁ一切ない。
ケーキ食べたくてムスコにしたら近くない距離をワクワクしながら歩いて挙句トイレ貸してもらえず不安になりプライドキズつけられそうになりおまけにカフェは自分がいるからいけないことを悟り、ケーキ食べれんの?って
小さい声でかえろーって
もう許せん。
これがパティスリーか?
ケーキ屋きてこんな嫌な気持ちになることあるか?
ほんま感じ悪いオンナパティシエ。
そいつがオーナーやからタチ悪い。
綺麗なケーキやのにもう全然食いたいと思わへんかった
それは嫁さんも同じやったみたいで
最悪感じ悪いな。って。
自分の店がカンペキなんておもてないし自分もカンペキやない。
けど少なくともそんな対応はせんわ!
いやほとんどの人はせんでしょ?
まして子を持つ親なら。
あーこんな店にはしたくないな。
とおもた素晴らしい反面教師的な店。
もう二度と行くか!
息子のココロキズつけやがって。
あんまりにもムカついたからこのまま帰れんし近くのパティスリーSさんに。
(あっ近くとかかいたら店バレると一瞬だけおもた、けどまぁ知るか!(*`ω´*) )

息子へのワビの気持ちも込めて
1ピース1200円!!!!
のフルーツタルトをおごらせていただきました。



とドリンクもいっちょまえに飲んでたからあわせると1800円くらい!
まぁしゃーない。
けど、けど子供のこころは繊細やぞ!
帰りのクルマんなかでずっと、ずっとケーキ屋さんはいれんかったなぁ。
ってゆーとった。
オヤジは申し訳なくて泣きそうやったわ!

ムスコくん、ごめんよー。
そんな反面教師的なケーキやにであった連休二日目。
いろんな店があるね。ケッ!(*`д´*)

The following two tabs change content below.
徳田博美
琵琶湖の右肩あたり、秀吉ゆかりの城長浜城のすぐ近く。ひとつ一つのケーキに贈る方の思いを込めて。そんなケーキでウエディングや初誕生、還暦など大切な人生の瞬間をお手伝いするパティスリー、IchigoichiE(イチゴイチエ)のスイーツプランナー&シェフパティシエ徳田博美です!
徳田博美

最新記事 by 徳田博美 (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆみ より:

    運動会
    お疲れさまでした!
    あたしは
    長浜駅西口 とテニスコート式典
    子供が保育園の年長で
    よさこいを踊りました
    早いし無理やろなあ
    思ってましたが
    しっかりやってたのをみて
    感動でした(>_<)
    子供の思わぬ成長
    びっくりですよね(>_<)

  2. ひろみっち より:

    ゆみさま
    コメントありがとうございます。。よさこいステキですね。
    日頃仕事ばかりしていると子供の二度とない一瞬を逃してしまいます。。
    独立する前は仕事に明け暮れて子供の成長を見る暇もなかったように思います。。
    今思えば離乳食が初めて食べられたのも、初めて寝返りできたのも、初めて歩いたのでさえ見ることができませんでした。。
    独立して運動会やイベント、ちょっとした笑顔を見ることができるようになり嬉しくおもっています、、