つなぎに繋がりはるばる3時間!その繋がりはステキな一期一会。


こんばんは。。
今日は連休明けチョット体がダルダルな感じ。
ピシッとせんとね。明日からの週末に向けて。。
今日は凄いお客様がご来店いただきました。。
あぁ繋がりって凄いな。。って
IchigoichiEのお菓子たちにさらなる魅力をプラスしてもらってるカンカン。

こんなのや

こんなカンカンを作ってくれてる
大阪製罐、清水社長も毎日のブログに書かれてる繋がることの大切さ。
そんな真面目なんだけど笑っちゃうブログ。。
僕ら広告費をかけられないちっぽけな小さなお店は、いや、そんなお店だからこそお客様と繋がることは何よりも大切だと教えていただいてる。お客様との関係性が大切なのだと。。
そのためには僕のこと知ってよね、、って
自分のこと書いてみたり。
街中、ご飯中、お客様と至る所でインカメしまくる。つまり自撮りをしまくる。。
最初は恥ずかしかった。。
けどこんなケーキ作ったんどんな人やろ?どんなお店やろ?どんなスタッフやろ?
とお客様にIchigoichiEを知ってもらいたい、僕を知ってもらいたい、僕のケーキに対する考え方を分かった上でさらに美味しくケーキを食べて欲しい。。
そのためには、、、、
僕自身をもっともっとアピール!IchigoichiEでしか作れないケーキをアピール!僕を取り巻く人達、生産者さんやパティシエのお友達、先輩や後輩の方々を交え僕とゆー人間を晒していこう。。
なんて心に決めちゃって。。
自分にできること、自分にしかできないこと。。
自分やからお客様に笑顔になってもらえることをやっていこうと日々ゆるくでもまぁまぁ真剣にSNSや販売に立って発信してたら
ホントに!ホントに!!!
何かが変わってきたんだ。。
今日のステキな一期一会もその一つ。
そのお客様ははるばる車をとばすこと3時間。
大阪は枚方市からIchigoichiEにきてくれた。
しかも下道!!
枚方から京都宇治を通り滋賀大津へ。そこから琵琶湖をほぼ半周滋賀県の最北長浜まで。
IchigoichiEのケーキとパンケーキを目的に。
しかも!!スイーツ男子!!

もう大阪にも、京都にも、滋賀南部にもケーキ屋さんは沢山ある中でどうしてIchigoichiEに3時間かけてご来店いただいたんですかと聞いてみた。。
IchigoichiEをなんでご存知なのですかと。
そしたら。
先週お邪魔した東大阪のモンガトウさんのブログを見てきましたと。
モンガトウのマダムがブログにIchigoichiEのことを書いとかれて興味が湧いていかないといかんとおもたんです。。と。。
おおこれは素晴らしい繋がりを感じたのです。。
僕がモンガトウさんと知り合えたのは新潟ウチコサンに
ステキなカンカンですな。どこのカンカンです?

と大阪製罐の清水社長を紹介してもらい
清水社長がブログでそれはそれは
いーーーーだろーーーーー
と言わんばかりの笑顔でソフトクリームを食べていることを発信し

うーーー
俺もソフトクリーム食べてーぜ。。
と東大阪モンガトウさんを目指し
美味しくソフトクリームを食べて

ケーキを買いお家でおいしーぜ!!と食べ

それをブログに書きそれを見たモンガトウさんがブログにコメントいただいたのを
本日お越しいただいた枚方市の書道家、岩崎様が目に留めて頂き3時間もかかる滋賀県の最北長浜、IchigoichiEまで足を運んでいただいたとゆー関係性の凄さと大切さ。。
いや、これて凄いことじゃないですか??
僕凄いことやと思うんですよ!!ご縁てゆーの??
こんな関係性をどんどん広げたい広げて沢山のお客様と繋がっていきたいと思うので僕は
ガンガンインカメで周りの笑顔を巻き込み自撮りしSNSでどんどん発信したいと思うのです。。
その先に今日のような繋がりが築ければIchigoichiEとゆー場所はもっと華やかで笑顔が集まる場所のなるんじゃないかと思うわけなのですよ。。
皆さん是非一緒に笑顔でお写真撮りましょう。。。ステキな笑顔の真ん中にIchigoichiE❤️

The following two tabs change content below.
徳田博美
琵琶湖の右肩あたり、秀吉ゆかりの城長浜城のすぐ近く。ひとつ一つのケーキに贈る方の思いを込めて。そんなケーキでウエディングや初誕生、還暦など大切な人生の瞬間をお手伝いするパティスリー、IchigoichiE(イチゴイチエ)のスイーツプランナー&シェフパティシエ徳田博美です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 別観覧者 より:

    あれ?コメントすぐ消すんや。

  2. niko より:

    ケーキ屋さんは、ぜひぜひこれからも、甘くとろける、お客さんにとっての夢や楽しみであってください。

  3. 男性 より:

    >もちろん自分の信念に揺らぎはないのでブログに書いた部分に違いはないと思います。。
    自分に都合が悪くなったら消すくらいのちっぽけな信念なら、最初から書かない方がマシ。
    発言には責任を持ってください。

  4. 近所の者 より:

    こちらのシェフは客商売で何が一番大切なのかわかっておられないですね。
    消されたブログのあの言葉使いはいかがなものかと…家族一同、こちらのケーキは大好きでしたが、残念ながらもう食べる気がしません。長浜一のケーキ屋と思っていたのに悲しいです。

  5. より:

    俺も、給料こんな店に使ってほしくないから、嫁さんに言っとこ

  6. ケーキ大好き より:

    シェフの作る抹茶のケーキ食べたいです。また買いに行きます。
    頑張ってください。

  7. 男性2 より:

    過去にこんな事を描いてたそうやん。
    http://ichigoichie.shiga-saku.net/e1213483.html
    で、今回の対応。
    店の名を出したブログという事を意識したほうがいいんとちゃいますか。

  8. 長浜在住主婦 より:

    コメントしましたが見事に消されましたね。貴重なご意見と心から思っておられるのであれば、消すべきではなかったです。本当に残念。もう買わないと思います。

  9. 長浜在住主婦 より:

    コメントしましたが見事に消されましたね。貴重なご意見と心から思っておられるのであれば、消すべきではなかったです。本当に残念。もう買わないと思います。

  10. 40代男性 より:

    せめて、こういう理由で申し訳ないですが、あの投稿を消しましたとか無いのですかね?
    コメントされたくないならコメント欄消したらどうですか?
    コメントしたのですが、とても残念です...

  11. 20代女性 より:

    確かに、ブログの内容も削除されたこともとても残念でした。
    でも、店長さんのステキさに救われます。
    いつも優しく笑顔で応対してくださって、
    今回のことも『天狗になるな!』と…
    そういう支えがあって今があるのだということを、絶対に忘れてはいけないと思います。
    いつかまた、店長さんの笑顔に会いに行きたいです。