memento moriってさ。



いつまでもくよくよしてんじゃないよ。
自分のなすべきことをやれ!!ゲストが待ってる。

死んだばぁちゃんならそゆーような気がするIchigoichiEシェフ徳田博美です。。
ま、そりゃーそうだよな。
と思い今日もショウケースの前に立っています。
7年か8年かそんなぐらい前に死んだじいちゃんからは職人のタマシイをもらいお客様のために仕事をすることを学び
ばぁちゃんからは優しさとちょっぴりの要領の良さを!
昨日の通夜でお坊さんが
明日目覚めることを当たり前のように思っている。明日が当たり前のように来ると思ってしまっている、、、、、、
とお話しされた時
僕の心にある
今日の当たり前は明日の当たり前ではない
この言葉は間違ってないんだなと思いました。
明日言えるから。明日伝えれるから。明日も会えるから。
そんなことが幸せなのに忙しい日常に流されて当たり前になっちゃってませんか?
死をおもえ。
ラテン語の
『メメント・モリ』
ミスチルの歌の題名にもなった言葉。
こっちの方が知ってる方も多いかも。
(自分がいつか死ぬことを忘れるな)
とゆー意味の警句です。
終わる覚悟。
生まれて死に行く覚悟。
そんな覚悟できてますか?
そんな覚悟で仕事できてるか?
常に問うてます。。

The following two tabs change content below.
徳田博美
琵琶湖の右肩あたり、秀吉ゆかりの城長浜城のすぐ近く。ひとつ一つのケーキに贈る方の思いを込めて。そんなケーキでウエディングや初誕生、還暦など大切な人生の瞬間をお手伝いするパティスリー、IchigoichiE(イチゴイチエ)のスイーツプランナー&シェフパティシエ徳田博美です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする