人がら表す黒板



コンバンワー!
勤労感謝の日!たくさんのお客様のご来店ありがとうございます!
今日も1日寒かった!

お布団から出られない。。そんなことを書いた黒板はご来店いただくお客様の目に触れそこから会話が生まれ僕のことをスタッフとしてだけではない
まるで友達かのように見ていただける素晴らしいアイテムになっています。。
あっ僕は滋賀県長浜市、立体ケーキやアイシングクッキーなど他ではちょっとないかもしれないそんなケーキを作るのが得意。あなたの想いをケーキにのせて伝えます!
IchigoichiEのシェフ徳田博美です!

毎日、何描こうと考えながらの出勤。
黒板を毎日書くには毎日書くネタを考えなきゃいかんわけでそのネタは神経とんがらせて1日いろんな出来事を覚えとく。
で感じたことや、聞いたことなんかを少しプラスして朝の黒板に書く。
そんでSNSに投稿して。。毎日のルーティンワーク。週末バタバタしてて投稿できないとなんか気持ち悪かったりします。。
ここもほとんどケーキのこと書かないから
たまに『ケーキのことほんまかかはりませんよね』ってお客様に突っ込まれるくらい。。
あっこのブログもか。。笑
IchigoichiEのケーキなら僕のインスタグラムを見て頂ければと思います。。
Facebook、Twitter、Instagram、ブログ、黒板
この中でInstagramが一番ケーキ屋さんっぽい。。
あとは、、、僕ですよ。素の僕。。飾らないありのままの僕をね。知ってもらったほうがいいんです。。
何を思い何を感じ、何に怒り、何に感動し何を大切にしているか。。
人間臭い僕を感じていただけたらIchigoichiEのケーキは人間味あふれた魂のこもるケーキやって気づいてもらえるんではなかろうか。。。
機械が量産するケーキにはない人間味。。
100個、1000個と寸分違わずスカーンと切られたケーキより少しばかりずれててもここから食べてよって隙のあるのが人間味。。
プイッとイチゴがあっち向いてても。とろ〜っとクリームが流れ出しそうでも
”ここから食べると美味しいよ”って訴えかけてくるスキ。
こんなケーキをつくるにはやっぱり人間臭くないといかんのではないかと思うのです。。
成功ばっかりやなくて不器用で人よりも落ちこぼれてて。けど諦めず、しぶとくしつこくあがいてる人間にしか作れない味ってあるはずだよね。。

The following two tabs change content below.
徳田博美
琵琶湖の右肩あたり、秀吉ゆかりの城長浜城のすぐ近く。ひとつ一つのケーキに贈る方の思いを込めて。そんなケーキでウエディングや初誕生、還暦など大切な人生の瞬間をお手伝いするパティスリー、IchigoichiE(イチゴイチエ)のスイーツプランナー&シェフパティシエ徳田博美です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする