便利さとレトロの狭間で。


夜分遅くにこんばんは。

またちょっと期間空いちゃってごめんなさい。

今日はお休みいただいて大阪まで。

美味しくできたなってお菓子は誰かに食べてもらいたい。

そんな思いからちょっとあるお仕事をお願いした

お菓子のミカタのナカガワチャンに会いに。

そしてどうせそこまで行くなら

四條畷の大好きな絵本作家さん、

谷口智則さんのギャラリーと

大阪来たならここは必ず行くべき

名所の東大阪モンガトウさん、

そして包丁とパレットナイフやら

なんやらかんやら買いに

道具屋筋へ。

9時半長浜発

16時には息子くん帰って来るから

それまでにはかえってきたい

なんて強行。

お菓子も

包丁も

送れるし今やポチれば

次の日にはお店に届く。

そんな便利な時代において

ぼくはやっぱり手渡しでお菓子は渡したいし

包丁も製菓道具も手で触ってみて選びたい。

どちらにも共通することは

そうしなければ

『魂がこもらない』

ってこと。

便利な時代になったからこそ

うまいことどちらとも付き合う。

便利さとレトロな人との繋がり。

書いてて自分でも

『何当たり前のこと書いてんだ』

って思うけどぼくは

そんな当たり前のことが重要やと感じている。

The following two tabs change content below.
徳田博美
琵琶湖の右肩あたり、秀吉ゆかりの城長浜城のすぐ近く。ひとつ一つのケーキに贈る方の思いを込めて。そんなケーキでウエディングや初誕生、還暦など大切な人生の瞬間をお手伝いするパティスリー、IchigoichiE(イチゴイチエ)のスイーツプランナー&シェフパティシエ徳田博美です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする