ケーキが生きられる時間について


どうも!

長浜イチゴイチエの

とくだひろみです。

今日の長浜はあめふり。

結構降ってます。

月末、明日はお休み。その前日火曜日。

はい、仕込みはやらない感じです。

月末にいらん買いもんして

今月の支払い増やしたくないしね。

いそいそと事務と税理士さんとの

面談です。

今日は、、

ケーキはどれくらい生きていられるのか、、について。

回るお寿司やさんやと何メーター回ったら自動廃棄とかあるじゃない。

あれがお寿司が生きていられる時間。

ピザならもちろん冷めるまでだし。

ラーメンならのびるまで。

つまり食べ物は美味しく食べられる(生きられる)時間と

カビて(腐って)本気でダメになる時間とある。

前者は作り手が決めれる事が多いね。

まだおいしいじゃん!って思っても作り手からしたらダメでしょ。って。

それ本来の味じゃないからって。

職人さんのプライドがかかってるからね。

よくわかる。

時間軸で言えば

作られてからまずこのリミットがくる。

でその次が冷めたピザであり

のびたラーメン。

つまりあったかくないと美味しくないもんが冷めたとか食べれるけど本来の味じゃないリミット。

そしてカビリミット。もう食えない。

はらこわす。

こんな時間軸にしたがってものはこわれてく。

でだ、

お客様からちらほらきくこえで。

「ケーキ、残ったら次の日食べるからおっきいの買います!」

これ!

これ!

ケーキ屋さんとしたら

絶対やめてくれ!

だ。

そんなもんうまくない。

それはケーキだった何かだ。

そんな食べたいならちっさいのを2日にわけて連チャンで買いにきて!

恥ずかしい?

いやいや、僕らは大歓迎だよ!

そんなんめちゃ嬉しいやんか!

そう、僕らは食べれる分だけ何回にもわけて買いにきてくれはるのが最高に嬉しい。

もちろん、買いにきてくれはると売り上げあるから嬉しい!それ以上に

お菓子のことわかってくれはってありがとう!!

ってナミダ出るくらい嬉しいんだ。

イヤ、ナミダハデナイケド。

気持ちの中では泣いてるくらい嬉しい。

いや、まじで。

これはさっきの時間軸の中の一番最初のとこ。

やっぱり焼き菓子も出来立てのバターの香りや小麦粉、たまご、などなど出来立てのたまらない香りや味ってある。

それは日を追うごとに失われていく。

毎日焼いた焼き菓子を美味しいうちに!!

焼き菓子も生菓子も僕は同じで

作ってからなるべく早く!!

ホールケーキをオーダーいただくときは

お召し上がりの時間から逆算3時間以内のお受け取りをお願いしています。

僕らもそれに合わせて作ってる。

お客様としたら

めんどくさいよね。うん、めんどくさい!

けどそれがホールケーキが美味しく食べれるリミットやと考えてる。

で食べきれるサイズを。(以前ブログにも書いたね)

なんで予定が合わずお断りしちゃうことも

多い。

もうほんとごめんね。

お休みの日ご都合があって

朝取りに来てご自宅の冷蔵庫に保存して夜食べたい。

そんな都合もわかるんだけど

ごめん、そのケーキ美味しくないわ。。

いや正確には美味しくなくなってるわ。

冷蔵庫の中の温度、移動中の温度と冷蔵庫の中の温度差

時間、ご自宅の冷蔵庫の中の他の食材からの香り移りなんかによって。

物を作ってる人間のわがままだけど

美味しいものを美味しく食べて欲しいって願いを聞いて欲しいのだ。

ケーキは出来立て。

(正確にはうちの店を出たら出来立て。ケーキが出来立てってなっちゃうと

美味しくなるタイミングをこちらで調整してる時間も無しになっちゃうからね。

お店で寝かしてる熟成期間を除く!だね。特にパウンドケーキとかは。)

お客様が買ってお店を出たらいち早く食べてよっ!ってことだ。

僕昔ケーキの食べ歩きとかしてた時はお店でてすぐ食べてた。

駅のホームのベンチとか公園とか焼き菓子ならもう歩きながらとか。

家まで待てない。いや待たない。お行儀悪いんだけどね。

だからそこで食べれるカフェ席のついたケーキ屋さんが大好きです。

それが一番美味しいもん。ホールケーキはそうゆー訳にはいかないのだけれども。

The following two tabs change content below.
徳田博美
琵琶湖の右肩あたり、秀吉ゆかりの城長浜城のすぐ近く。ひとつ一つのケーキに贈る方の思いを込めて。そんなケーキでウエディングや初誕生、還暦など大切な人生の瞬間をお手伝いするパティスリー、IchigoichiE(イチゴイチエ)のスイーツプランナー&シェフパティシエ徳田博美です!
徳田博美

最新記事 by 徳田博美 (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする