ケーキの値段と価値


おはようございます

長浜イチゴイチエのとくだひろみです。

ケーキの値段てなにが正解か。

参考までにうちのイチゴショートケーキは750円税別です。

もちろん350円、450円で売ってはるお店もあって中には100円ケーキとかも。

いや、単純にすごいなっておもう。

値段をつける時

1つは原価をたたいてそれに諸経費、人件費などをのせて赤字にならない様にする

も一つはそのお店のスタイル。

お寿司屋さん、焼肉屋さん、フレンチ、イタリアン。

食べれるのは

お寿司に焼肉など。

高級なお店から庶民的な店まで

お寿司なんて一回座っちゃえば何万てするお店から回ってるとこまでスタイルはいろいろ。

お代金の代わりに受け取れるサービスの差が値段に反映される。

雰囲気とかね。

それで、ま、うちは高い方なわけです。

見た目の値段は。

けどそこにはいろんなことが含まれていています。

ケーキをうるまでの諸経費です。

電気、ガス、水道などの光熱費、人件費

ケーキを持って帰るための

ケーキトレー、フィルム、箱、保冷剤、

ケーキが箱の中で動かないようにする

ストッパー、賞味期限シール、

簡易スプーン、ローソクに、手提げ袋、

リボンなどなどこれは無料じゃない。

お金を払って資材として仕入れて

ケーキを安全、かつ衛生的に持って帰っていただくための最低限の必要なものであたりまえだけど昔のお豆腐屋さんのように皿とかボウル持ってきてもらってはいどうぞとはいかないもんなんだ。

(資材削減の観点からいえばそうしたい)

あとゴミ捨て代や家賃なんかも。

つまり750円の中の大半はそれに消えていく。

これら諸経費はどんどん値上がりしていて安くなるなんてことはない。

家庭でもそだよね。

食費、家賃、保険料、なんちゃら代って言われるもんで最近安くなったもんなんかある?

ずっと値段は上がってるわけです。

じゃケーキの値段は?

外食の値段は?

上がって当たり前だよね?

上がらないのはなぜか。

単純。

しわ寄せは経営者がくらってるから。

ケーキってこれぐらいの価格ってイメージがあるから昔からのケーキやさんとかは特になんだけど値段上がったらお客さんに来てもらえない。

だけど原価、諸経費は毎月のように

値上げしますってお知らせが業者から届く。

じゃ利益を削るしかない。

当たり前。

ただ

もともとたくさん利益があるもんなら良いけどもともと利益なんて少ししかないもん。その中から更に利益を削る。

正直、なんのために朝早くからやってんだ?って思っちゃうくらいしか利益なんて残らないのが現実でむしろ人を雇用しようもんならあっとゆーまに毎月赤字になってお店立ち行かない。

世の中のケーキ屋さんたくさんあるけど毎年たくさんなくなっていってる現実。

うちも決して儲かってない。

毎月わりかしギリギリ。いや、

ギリギリギリ。

正直にいってケーキは400円や500円で買えるものじゃない。

ホールケーキはサイズによってだけど5000円はする。

一昔前の価格イメージからはぬけだしてほしい。

あなたの街にケーキ屋さん、パン屋さん、ご飯屋さん、レストランなど飲食店がなくなったらさみしくて味気ない街だと思いませんか?

生活に絶対に必要じゃない。けどないと寂しいそんな存在が僕たち飲食店やったりするとおもうので家計のお財布と共存共栄できたらよいなっておもってます。

今日はあんまり書かない

ケーキの値段のお話。

ケーキやさんは思い切ってもう少し全体的に値上げても良いんじゃないかな。

The following two tabs change content below.
徳田博美
琵琶湖の右肩あたり、秀吉ゆかりの城長浜城のすぐ近く。ひとつ一つのケーキに贈る方の思いを込めて。そんなケーキでウエディングや初誕生、還暦など大切な人生の瞬間をお手伝いするパティスリー、IchigoichiE(イチゴイチエ)のスイーツプランナー&シェフパティシエ徳田博美です!
徳田博美

最新記事 by 徳田博美 (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする